GREENWOODWORK LIFE

グリーンウッドワーク初心者ウッディーのブログです。

アゲハを庭によびよせるプロジェクト その3/ the covers #30

  昨年は、この時期にキハダの木にカラスアゲハが産卵しましたが、今年はまだ現れていません。

来るのは常連さんのナミアゲハとキアゲハです。

『キハダの葉をモリモリ食べて大きく育ったナミアゲハの幼虫』

『ルーの葉にたくさん産みつけられたキアゲハの卵』

 

さて、今回のNHK趣味の園芸」は、『蝶の舞う楽園』がテーマでした。

同じようなことを考える人もいるんですね。

滋賀県在住のこちらの方、すごいです。

この地方で見られる80種類の蝶のうち、75種類が庭を訪れ、71種類が住み着いているそうです。

30年かけてこのような環境を整えたというのですからカラスアゲハで一喜一憂しておる私など足元にも及びません。

番組の中で、アゲハが好む花がわかりました。

ボタンクサギです。

蜜がある場所が花の奥にあるので、吻が長いアゲハしか来ないそうです。

探してみようっと。

 

蝶によって、食草や日向と日陰など好む環境も違うので、普通の庭の手入れとは違った工夫もされていました。

詳しくは、こちらで。

カラスアゲハよ、いつでも君の帰りを待ってるぞ!

 

 今週も始まりました「洋楽the covers」ですが、今回も懲りずに洋楽ではなく、「邦楽 the covers」です。

1曲目は、ダズビー さんで「月が綺麗 」です。

ダズビーさんでもう1曲、「踊り子」


www.youtube.com

韓国の歌い手さんだそうですよ。

 

続いては、英語でのカバー曲です。

Anonymouzさんで結」

Anonymouzさんでもう1曲、「I  LOVE...」

歌詞の載せ方がいいですねえ。

 

それではまた。

よろしければ

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 木工へ 

折りたたみ式足踏みロクロ その3

折りたたみ式足踏みロクロ作り。

外枠もできてゴールが見えてきました。

今回は、足踏み板を作っていきます。

ツーバイツー材を使うのですが、ちょうどいい端材があったので少し大きいですがそちらを使います。

 

戸車を挟んでボルトとナットで締めました。

 

中程に、直径3センチの穴を開けます。

折りたたんだ時の留め具になります。

30mmのドリルがないので丸鑿で彫ります。

 

 

台座を受ける材と先ほどの材を蝶番でつなぎます。

その下に板をつけました。

 

さあ、組み立てていきましょう!

外枠のてっぺんにバンジーコードを張ります。

このバンジーコードは、長さの調節が簡単で便利です。

ただ、フックはプラスティックだったので耐久性があるかはわかりません。

 

やったぜ! 完成したぜえ〜

あれれのれ? 

なんか回転がスムースでないぞう!?

・・・やってもたあ。今回3度目の失敗じゃあ!

それでは、脳トレの時間がやってまいりました。

2枚の写真の違いを3秒で見つけてください。

 

はい、簡単でしたね。

材を支える2箇所の部品の向きが逆でした。

では気を取り直して・・・

 

ハイ、ほぼ完成しました!

刃物が届いたら残りの部分を仕上げていきます。

しかーし、大雨の影響か、発送は来月です。

待ち遠しい・・・

 

 

RIZING SUN ROCK FESTIBAL 今年は無事に開催できましたね。

rsr.wess.co.jp

しかもレキシさんが公演2日前に追加発表ってどうゆうこと?

天気も最高です。行きたかったなあ。

今回のトリはBIGINさんです。

夜明けと共にBIGINの曲。いいなあ。

黄昏のビギン - YouTube

 あ、また間違えた。

それではまた。

よろしければ

 

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 木工へ 

折りたたみ式足踏みロクロ その2

塗装も落ち着いてきたので、外枠を組み立て行きます。

 

いいねえ。

ん、いきなり間違えたあ!

こちらが正解です。

蝶番で両扉をつけていきます。

本当は76mmの蝶番ですが,家にあった小さめのものを使ってます。

と、ここでネットで注文していたものが届きました。

刃物はどんなものを使えばいいかわからなかったのでこちらの本もポチッとしました。

木工旋盤の教科書

木工旋盤の教科書

  • ワン・パブリッシング
Amazon

本の著者のブログを見つけました。

著者のページでも刃物のセットが購入できます。(現在品切れでした。)

ただ、私の手が届かない代物なので、ネットで初心者セットをポチッとしました。

 

いかんいかん、手を休めて読み耽ってしまいました。

どんどん進めていきましょう!

外枠ができました。

 

次に材を挟む部分を2個作ります。

スムースにスライドできるようにガムテープを2枚貼り付けます。

 

穴にボルトを差し込みます。

その前に、片方をサンダーで鉛筆の先のように尖らせます。

そして、1本だけ端から70mmのところを曲げます。

 

んー・・・本日、2回目の失敗。

端から70mmは、尖ってない方からだったのね。

まあ、反対側を削ればいいか。

 

残念ながらドリルは10mmまでしか入らないので、力技でねじ込みます。

 

次は、下側の木も同じくガムテープを貼ります。

あ、そうそう。

この定規、ツーバイフォー材を使う時めっちゃ便利ですよー。

ドリルで中心に穴を開ける時は1発です。

扉が閉まるように、ダボを打ちます。

 

ピッタリと閉まりました。

次回へと続きます。

それではまた。

よろしければ

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 木工へ