GREENWOODWORK LIFE

グリーンウッドワーク初心者ウッディーのブログです。

ククサ(マグカップ)その4

それでは、先日仕入れた白樺でククサを作ってまいります。

久しぶりにー

エイッ!

f:id:greenwoody:20200830174141j:plain

本日、ククサ作りと同時並行で、昨年枝はらいして、小屋の中に山積みとなっていた木をピザ窯で燃やしていきます。

朝から雨が降っていて気温も低く、ご近所さんも窓を閉めていて好都合です。

 

楔を使わずきれいに割れました。

f:id:greenwoody:20200830174255j:plain

どんどん斧で割っていき、直方体ができました。

f:id:greenwoody:20200830174323j:plain

次に、鉛筆で下書きします。

f:id:greenwoody:20200830174343j:plain

余分な部分はのこぎりでカットします。

f:id:greenwoody:20200830174413j:plain

と思いきや、切らずに残しておいた方が持ちやすいし、安定するので後で切ることにしました。

なので、先にスプーンノミで丸く削っていきます。

f:id:greenwoody:20200830174438j:plain

作業の合間を見て、ピザ窯に木をくべていくと・・・

大惨事になりかけました。

枝打ちした木を燃やしているときはいつも通り順調でした。

本日燃やす予定の木がなくなったので、白樺のめくれかけている皮をはぎ取って、どんどん燃やしていきました。

すると、火力が増していき、燃焼室の上のピザを焼く部屋からも火が吹き出してきました。

さらに、白樺の樹皮に含まれる油成分で、黒煙もいろんなところからモクモクと立ち上がってきました。

・・・さすがにこれはまずい。すぐに消そう!

奥さんも家から飛び出してきました。

「大丈夫!?」

大丈夫!今水を撒いて消すところだから!」

ご近所さんも心配で来てくださいました。

「大丈夫ですかあ?」

「すみませーん。今消してるところですので。」

ホースで、水を撒いて火を消すも、水蒸気で小屋のまわりは、黒煙と水蒸気でモクモク!モクモク!どう見ても火事です。

・・・雨の日でよかったあ。

天気なら、これ絶対に消防署に通報されますな。

こちらの写真は鎮火後のピザ窯。水蒸気が全然収まりません。

f:id:greenwoody:20200830174504j:plain

こちらが、原因となった白樺と樹皮の燃えカス

f:id:greenwoody:20200830174534j:plain f:id:greenwoody:20200830174604j:plain

 

窯が冷えるまで水をかけ続け、やっとククサ作りに戻れます。

奥の方はウッドカービング162で掘っていきます。

でもこの全面刃の162、使いこなせません。

今回もちょっと切ってしまいました。

f:id:greenwoody:20200830174643j:plain

大体掘れたので、先ほど切りかけたところを鋸で切り落としました。

f:id:greenwoody:20200830174711j:plain

はい、本日の作業はここまで。

f:id:greenwoody:20200830174739j:plain

教訓「白樺の樹皮は、燃えやすくて、黒い煙を出すので、火事に気を付けるべし」

それでは。

 

greenwoody.hatenablog.com

 

よろしければ

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 木工へ 

白樺玉切り 来ました!

仕事を定時で切り上げ、家で白樺様を待つ・・・

約束の時間に軽トラがやってきました。

オーライ オーライ ストーップ!

「お待たせしましたー!おろす場所はここでいいですか?」

「お願いしまーす!」

「瘤のあるものを探したんですが、なかったんですよ。」

「もしあったらと思ったんで、なくても全然大丈夫でーす。」

次々に降ろされる白樺様

・・・おお、いい感じ。大体30センチほどに切られていますな。

・・・あれ?あれれ?

・・・白樺ってそんなに大きくなるの?

・・・めっちゃ太いんですけど。

f:id:greenwoody:20200830172236j:plain

がんばる君「白樺、たくさんとったどー!」

いやいや、がんばる君、ポーズ取ってるけど、それどころじゃないしょ!

どうすんの。このめっちゃでかい白樺。斧じゃ、多分割れないよ。

降ろしてもらってるときに、

「こちらの大きいのは、持ち帰ってもらえませんか?」

と言いかけたけど、持ち前の貧乏神がその言葉を遮ってしまったのでした。

とりあえず、大きいものはこのままベンチとして置いておきます。

・・・斜めになっていてめっちゃ座りにくいですけど。

f:id:greenwoody:20200830173153j:plain

ちょうどよい大きさのものは、小屋の軒下に移動しました。

f:id:greenwoody:20200830173333j:plain

そして、後日、少しでも乾燥を防ぐために、木工ボンドを切り口に塗りました。

f:id:greenwoody:20200830173916j:plain f:id:greenwoody:20200830173951j:plain

いつまで乾燥せずに持ち応えれるかな?

今年は残暑も厳しそうだけど・・・

それよりも、あの大きな丸太はどうするべきか。

 

よろしければ

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 木工へ 

ククサ(マグカップ)その3

 知人に戴いた桜の木は薪用に保存されていたので、しっかりと乾燥していて芯の方まで割れていました。

「何とかなるかなあ。」っと途中までククサを作ってみましたが、やはり水漏れしてだめでした。

f:id:greenwoody:20200726140242j:plain

手持ちの生木もあとは細いものばかり。

生木はどこかで売っていないものかと検索してみても、なかなか見つかりません。

さらに調べていくと、北海道は薪ストーブを使う人が結構いて、薪を専門に扱っている業者がいるということがわかってきました。

しかし、薪なのでどれもしっかりと乾燥されています。

業者の中には、まだ乾燥が進んでいない丸太を玉切りで販売しているところがいくつかありました。

薪より玉切りの方が安く設定されています。

んーん。願ったりかなったり。

ちなみに、薪の相場は1立方メートル当たり約20000~28000円プラス送料です。

森林組合や薪業者で探していくとこんな記事を見つけました。

・・・売切りセール!先着順!白かば生薪玉切り、軽トラック1台5千円~詳細はお電話で。

・・・なんと、ククサの原木でしかも生!さらに軽トラ1台5千円。これは、作り放題じゃ。

・・・これで家のヤチダモさんを切らずにすむー!

すぐに連絡!

なんと売り切れずに残っているそう。

木は昨年切ったもので中までひび割れているものはないということ。

さらには、瘤のついたものがあれば優先して明日持ってきてくださるということでした。

ありがとうございます。うーん明日が待ち遠しい!

 

さて、そんな浮かれ気分の中、奥様からの指令が・・・

「秋もリモート授業が決定した娘が戻ってくるから、靴箱の棚、増やしてちょうだい。」

f:id:greenwoody:20200823200747j:plain

「おやすい御用。今ならニッコリ笑顔で何でもしますよー!」

f:id:greenwoody:20200823201021j:plain

f:id:greenwoody:20200823201034j:plain

f:id:greenwoody:20200823201056j:plain

ハイ出来上がり!

 

今日もアゲハは元気です。

f:id:greenwoody:20200823203028j:plain

 

よろしければ

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 木工へ